ホンダ シャトル.jpg

​ハイブリッド車での検証

HONDA シャトルハイブリッド 1,500㏄ FF 2WD AT車 カタログ値24.0km/L
cleverスタンダ-ドタイプ装着

Impression

ガソリンと電気を併用するハイブリッド車でも平均で実燃費が装着前と比べて

市街地では1km/L、郊外では2km/L。

A/Cを使用し装置装着前と比べて上昇。市街地で5.6%上昇。郊外走行では11.1%上昇。

市街地17.5~18.0km/L→装着後18.5~19.0km/L

郊外18.5km/L→装着後20.0~23.0km/L

高速18.0km/L→装着後19.5~20.0km/L

about    clever
about    clever
 
ホンダ シャトル1.jpg
IMG_20210123_112221.jpg
ホンダ シャトル2.jpg
HONDA  シャトル取付前.jpg
イ-ジ-カスタマイズ株式会社.BENZ.jpg

​インジェクション車での検証

メルセデスベンツGLA180 1,600㏄ FF 2WD AT車 カタログ値16.0km/L
cleverスポ-ツタイプ装着

Impression

ノーマルの安全設計されたBENZでは信号待ちでの走り出しや加速感も装着後スム-ズに。

エンジン音の違いも感じられました。装着後、1、2分で排ガスの臭いも大きく低減。

暖気や走行後の未燃焼ガスが大幅に軽減。

燃費関しては80km/hの速度で一定速度で走行した場合に大きく燃費は向上していました。

​計測後、100km/hで走行した際は2km/L程度減少。

​市街地8.9km/L→装着時10.0km/L

郊外11.0km/L→装着後12.5~14.5km/L

高速13.0km/L→装着後15.8km/L

(最高値 外環自動車道内、外回り18.1km/L)

 
 
メルセデスベンツGLA180AT FF 2WD  (1).jpg
387.jpg
プロボックス.jpg

​商用車、人気車種での検証

TOYOTA プロボックスサクシ-ド
1,500㏄ FF 2WD AT車 カタログ値18.2km/L
cleverスタンダ-ドタイプ装着

Impression

装着して直ぐに発進時の加速感、中回転からの加速も大きく向上。

70~80km/hで一定速度で走行した場合に燃費は大きく向上。

A/Cを多く使用してもパワ-ダウンせずスム-ズに走行。

未燃焼ガスも大幅にされ、ガレ-ジで暖気してもガスの臭いも気にならなくなりました.

​市街地10.5km/L→装着時11.5km/L

郊外13.0km/L→装着後16.5~18.0km/L

高速14.0km/L→装着後18.0~19.5km/L

(最高値 東北自動車道上り21.0km/L下り23.6km/L)

 
 
トヨタプロボックス サクシ-ドTX AT FF 2WD H27年式.jpg
toyota プロボックスサクシ-ド 取付画像10.jpg
TOYOTA プロボックスサクシ-ド 設置 画像 バッテリ-付近.jpg
プロボックス02.jpg
プロボックス メータ- 東北道下り.jpg
MINI.jpg

​旧車、クラシックカ-での検証

Mini ローバ-1,300㏄ FF 2WD MT車 

カタログ値14.5km/L

cleverスタンダ-ドタイプ装着

加速感、中回転からの加速も大きく向上。

特にエンジン音、マフラ-音が良くなりました。

未燃焼ガスは半減にされました。

以前はマフラ-から水蒸気、水が出る事はありませんでしたが

良く出るようになり、何より燃焼が良い証拠です。

​市街地10.0km/L→装着時11.0km/L

郊外11.0km/L→装着後12.5~13.5km/L

高速12.0km/L→装着後16.0~16.9km/L

(最高値 圏央道内、外まわり16.9km/L)

 
 
IMG_20200202_145848[639].jpg
IMG_20200131_143042[640].jpg
IMG_20200131_130701[638].jpg
 

CASE1

​​15%削減出来たら?

通勤や一般道の走行が多い場合。

月額差は1,890円。3年間で元は取れます。実燃費9km/Lで15%向上出来たら、燃費は10.35km/L。

​​渋滞、信号が多い場合でも、加速が良くなるのでアクセルを踏み過ぎなければ、わずかな燃費向上は期待できます。

 

CASE2

​​15%削減出来たら?

使用頻度も多く、走行距離も多い場合。

月額差は2,100円。3年間で元は取れます。実燃費15km/Lで15%向上出来たら、燃費は17.25km/L。

​渋滞が少ない郊外や高速、信号の少ないSTOP&GOが少なければ、燃費は伸ばすことが出来ます。

 

CASE3

​​10%削減出来たら?

商用での使用、長距離を走行する場合。

月額差は2,800円。2年間で元は取れます。走行距離が多く郊外や高速を利用される場合は燃費が良く伸びます。

 
voxy_azr65.jpg.jpg
voxy_azr65.jpg.jpg

​燃費検証 1

​clever スタンダ-ドタイプ装着

TOYOTA VOXY AZR60
 
​カタログ値14.2km/ℓ

​2006年式 17万km

常磐道 柏IC~友部IC

走行速度80-85km/hでの走行

①2019/11/12

69km 3.66ℓ 18.9km/ℓ A/C未使用

夏タイヤ

②2020/12/24

70km 4.73ℓ 14.8km/ℓ A/C使用

スタッドレスタイヤ

③2021/7/21

69km 3.43ℓ 20.1km/ℓ A/C未使用

夏タイヤ

※自社計測 高速道路 交通状況スム-ズ

voxy sport.jpg.jpg
VOXY bat.jpg.jpg

​燃費検証 2

clever スタンダ-ドタイプ装着

TOYOTA VOXY AZR60
 
​カタログ値14.2km/ℓ

​2006年式 17万km

常磐道 柏IC~大洗IC 往復 一般道走行あり

走行速度85-90km/hでの走行

①2020/6/28

176km 10.67ℓ 16.5km/ℓ A/C使用

夏タイヤ

②2020/7/7

175km 11.54ℓ 15.2m/ℓ A/C使用

夏タイヤ

③2020/7/28

221km 15.50ℓ 14.3km/ℓ A/C使用

夏タイヤ(50km程度一般道走行)

※自社計測 高速道路 交通状況スム-ズ

燃費 エビデンス
cleverスタンダ-ドタイプ装着
​TOYOTA VOXY60 2006年式 
カタログ値14.2km/ℓ

EG_VOXY1.jpg.jpg
EG_VOXY2 .jpg.jpg
EG_VOXY3 .jpg.jpg

まとめ
ノーマル状態で9.5km/ℓ~10.5km/ℓ
(最低値 夏場9.0km/ℓ)(最高値 高速12.5km/ℓ)
取付後 平均値12.3km/ℓ
10.5km/ℓ対比で15%程度の燃費向上。
​※本製品は燃費向上を保証するものではありません。
アイドリング時間、渋滞、信号やSTOP&GOが多い場合、坂道を加速して上る、
積載量、人員を多く乗せる場合、急加速や速度の出し過ぎ燃費は伸びません。
また、A/Cの使用や冬タイヤでも燃費に影響します。また、運転者のアクセルの踏み方でも燃費に大きく影響します。
交通がスム-ズで距離を走る。また、高速で一定速度で走行するなどこのようなケースでは燃費は大きく伸ばせます。高速道路では80km/hから90km/hで走行した場合は
燃費は大きく伸ばせます。
​ECO走行は急発進、急加速を控え、速度の出し過ぎをしないことが重要です。

​民間整備機関での検証

​パワ-チェック

馬力PS,トルクkgm測定

NA車両(ブースト圧測定無し)

TOYOTA VOXY AZR60G

​H18年式 AT 2WD FF

検証①未装着での測定

​検証②スポ-ツタイプ装着での測定

①未装着 最大馬力141.1PS 最大トルク17.3kgm

馬力_トルク_イ-ジ-.jpg

​②装着 最大馬力147.4PS 最大トルク18.6kgm

馬力_トルク2.jpg
非装着グラフ_イ-ジ-カスタマイズ.jpg

​①未装着での検証

年式も古く多走行車両のため

カタログ参考値

最大馬力152PS 6千回転(r.p.m)

最大トルク20.4kgm 4千回転(r.p.m)

に比べ、パワ-ロスしていました。 

グラフ_電熱式燃焼促進装置clever.jpg

​②スポ-ツタイプ装着での検証

未装着と比較してNA車ですが

馬力で6.3PS、トルク1.3kgmアップ

馬力、トルクともに上昇しました。

​あくまで参考値になります。

体感でもスポ-ツタイプは低回転でもトルク感は出ています。(自社検証)トルクの数値も低回転から1.0kgm上昇という結果になりました。測定は車両のコンディション、メンテナンス、チュ-ニングで数値は異なりますのでご了承ください。