​​取付手順

①本体配線キットと付属品があります。

 

​​取付位置の確認

​​②本体の取付位置の確認。

​​※なるべく製品本体から接続する燃料ホースの長さが短くなるようにして下さい。

​燃料ホースの取付位置の優先順位は

1.燃料フィルタ-とデリバリ-パイプの間。

2.燃料タンクから燃料フィルタ-

 
 

​​高圧ポンプがある場合

​燃料ホースの取付位置の優先順位は

1.高圧ポンプとデリバリ-パイプの間。

2.燃料フィルタ-とデリバリ-パイプの間。

3.燃料タンクから燃料フィルタ-

 
 

​​ステ-を組み立てます

③ステ-の組立

※必ず本体の位置を決めてから、ステ-を組み立てて下さい。

本体が加熱しますので他のホースや配線等に干渉しない場所を選んで下さい。

 
 

​本体に燃料ホースを差し込んで固定します。

④ホースの取付

※図bに先に付属の燃料ホ-スを差し込むようにして下さい。(抜けないように入りずらいため)

※図aに延長して付属のホースを差し込む場合も本体には先に差し込んで下さい。

 
 

​本体をステ-に固定します。

⑤本体の固定

①本体とステ-を​本体固定用耐熱バンド(200mm)4本で固定します。

 
 

​配線キットの端子をプラス側からバッテリ-に接続します。

⑥電源の取り出し(バッテリ-プラスから)

※必ずプラス側を先に取付して下さい。

​※タ-ミナルを外さないで作業される場合は20Aヒュ-ズを抜き、ボディア-スを取り、ヒュ-ズの差し込みはグロ-ブして自己責任で行って下さい。

 
 

​配線キットの端子をプラス側からバッテリ-に接続します。

⑥電源の取り出し(バッテリ-プラスから)

※必ずプラス側を先に取付して下さい。

​※タ-ミナルを外さないで作業される場合は20Aヒュ-ズを抜き、ボディア-スを取り、ヒュ-ズの差し込みはグロ-ブして自己責任で行って下さい。

 

配線を固定して、動作を確認。

⑦配線を結束バンドで各所に固定します。

付属品の結束バンド8本(150mm)を使用して下さい。

⑧OnOff動作をパイロットランプの点灯で確認して下さい。

エンジンを始動すると、可動電圧を感知してcleverが作動しているかを確認できます。

​エンジンがかかりずらい場合何度か時間をおいてエンジンOnOffを繰り返すことで解消します。